登場人物

■シェイヨル /shayol
 主人公的存在。17歳。母、妹とともに「都」の貧民街で暮らしていたが、大戦後に流行した疫病によって母を失い、孤児となる。
 体つきは華奢で、線の細い整った容貌をしている。見た目通りに押しが弱く、他人と接することが苦手。ただし芯は強く、孤児院でも妹を養うために毎日激しい労働に従事していた。
 料理の達人にして家事万能。童貞。

■シャロン /sharon
 シェイヨルの実妹。15歳。非常に小柄で、極端な幼児体型。
 内向的な性格をしており、人見知りが激しい。母の死はシャロンの心に傷跡を残している。髪型は活動的に見えるポニーテイルを好むが、実際には非常に気が弱く、孤児院では常に苛められていた。
 金髪で瞳は琥珀色。重度のブラコン。処女。自慰愛好家。

■アリス /alice
 「屋敷」に仕えるメイドのひとり。17歳。髪と瞳はともに黒く、頭髪は頬の辺りで短めに切り揃えている。常に笑いを絶やさない。
 沈みがちな「屋敷」の空気を和らげることの出来る稀有な人物。実は押しが強い。十五歳のときに「屋敷」へ引き取られ、以降メイドとして暮らしている。近辺の村でも人気の高い働き者。
 とにかく巨乳。非処女。

■レンズ /lens
 同じく「屋敷」に仕えるメイド。赤毛の知的な女性。薄緑色の瞳に眼鏡を掛けているが、目が悪いかどうかは不明。実年齢も不詳。
 物静かな気性で、必要な時以外は口を開かない。非常に均衡のとれた中性的な体格をしている。かなり昔から「屋敷」に仕えているらしい。色々と謎の多い人物。
 「屋敷」の庭を手入れするのが趣味らしい。たぶん非処女。

■ロザリア /rosalia
 「屋敷」の女主人。20歳。長い金髪に琥珀色の瞳をした、気品ある女性。高い教養と柔和な性格を兼ね備えた「貴婦人」。
 以前は単なる「屋敷」の住人だったが、先代の主人から「屋敷」を継いだ。オルドーンとは事実上の愛人関係にあったらしい。
 赤い色の衣装を好んで着用する。酒乱。非処女。

■オルドーン /aldone
 先代の「屋敷」の主人にして、シェイヨルとシャロンの父。兄妹の母親とは長く絶縁状態にあった。一代で巨万の富を築き上げた成り上がり貴族。既に病死している。

■シノ /篠
 褐色の肌と漆黒の頭髪を備えた「北人」の娘。16歳。名はルーン(象形文字)で「笹」を意味する。
 由緒ある良家の一人娘だが、故あってこの国で暮らしており、今はファーイースト三十番学舎に通っている。長髪の楚々とした外見に反して、気性は意外に乱暴。良家の令嬢である事を誇りにしていると同時に、疎ましくも感じている。でこ娘で非処女。

(back)
inserted by FC2 system